2009年04月24日

不況で当てるビジネスはアニメから?

これだけ海外のソフト文化の中で高く評価されているバイオリンにストやピアニストがいても、国内に戻ってこれるビジネスの現場が乏 しいのは、悲しいことだと思います。

そこにひしめくのが、美容学校、アニメ・ ゲーム専門学校などの専門学校卒業生、という状況です。 例えば、音楽の分野を観ると、米国で流行ったパフィーは、最初に、アニメーションを流して、それがうまく市場に入り込むことで、ブレークのきっか けを作ったと言います。



 今年の不況が、全体的に更に状況を悪化させているのは間違いありません。現在、毎月の発行部数は12万部に達し、昨年秋にはアフタヌーン増刊号『good!アフタヌーン』も創刊するなど、不況な出版界で好調な成績を残している。

当てると熱がり、やけどの様な跡が出来ます。またテロや鳥インフルエンザ、交通情報などもビジネスパーソンには欠かせない情報です。

上位にはパソコンや音楽、アニメなどが並んだ。・僕はアニメが嫌いガンダムの前、手塚治虫先生原作の「海のトリトン」で初めてテレビアニメの総監督を任された。一方で「アニメの革新」と評価された。「マンガやアニメは、アジアや欧州の若手が頑張っており、世界の創作者との大競争時代に突入しつつある」「創作者が画力や創作力を高めるのは当然だとしても、現在のアニメにはCGが欠かせず、機材は個人で買うには高額すぎる。





ラベル:ビジネス アニメ
posted by moneyrepi at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。